インストラクター

前のページに戻る


ショータ
タップダンス

優しさ120パーセント! 大阪生まれ大阪育ちのタップダンサー

所属 fumi × fumi
誕生日 2月2日
出身地 大阪市東住吉区
血液型 B
タップ歴 14年
タップダンススタジオfumi代表 / fumi×fumi 所属〈リーダー〉

【プロフィール】
大阪生まれ大阪育ち。
2006年、大阪のBasement Studioにてタップを始める。義に師事。
 翌年から同スタジオに所属するタップダンスカンパニー[beis]crew(ベイスクルー)に所属。
2009年からレギュラークラスを持つようになり、インストラクター・コレオグラファーとしても活動を始める。
2010年、日本タップダンス奨学生制度(JTSP)オーディションに合格し、シカゴへ短期渡米。奨学生としてシカゴタップフェスティバル(CHICAGO HUMAN RHYTHM PROJECT'S RHYTHM WORLD FESTIVAL)に参加。
2011年、タップダンスコンテスト"Musication"ソロ部門にて準優勝。
 同年、プロアマ問わず出演出来るタップダンスイベント 「TAP SHOW TIME」を開催。(現在も、一年に一回のペースで開催)
 同年、東日本大震災をきっかけに、路上タップパフォーマンス「OMTS」(オーエムティーエス)を発足。売上金の一部を義援金として寄付している。
2013年、シカゴへ短期渡米。シカゴタップフェスティバルに参加。
2014年、ニューヨークへ短期渡米。"STEPS"や"Broadway Dance Center"等でタップ、シアタータップ、ヒップホップ、ヨガ 等を学び、またジャズクラブ等でのジャズセッション、バレエ教室でのタップクラスの代行等も務める。
2015年、月一で、投げ銭セッションイベント「大阪ふみだおれ」を開催。同年、シカゴへ短期渡米。シカゴタップフェスティバルに参加。シカゴタップフェスティバルの一環であるショーケース"JUBA"(ジュバ)へJTSP生として出演。
2016年、ニューヨークへ短期渡米。
2017年、ソロ活動開始。
 同年、東北タップダンス&アートタップフェスティバルにてベストスチューデント賞受賞。
 同年、水谷豊監督作品、映画「TAP THE LAST SHOW」出演。
 同年、ニューヨーク、シカゴへ短期渡米。ニューヨークタップフェスティバル(New York Tap City)、シカゴタップフェスティバルに参加。
​ 同年、即興セッションイベント「ふみだおれ」を開催。
2018年、大阪市住吉区長居に「タップダンススタジオfumi」を開校。
 同年、プロタップダンスチーム「fumi×fumi」結成。 チームでの経歴は"fumi×fumi"​​​を参照。
 同年、NATIONAL TAP DAY(東京)にOMTS CREW代表として出演。
 同年、関西タップフェスティバル(大阪)にタップダンススタジオfumi代表として出演。
 同年、「OSAKA Tap Dance Intensive」を開催。
 同年、KAWASAKI TAP FESTIVAL(神奈川)に出演。
2019年、ストックホルムで行われる、STOCKHOLM TAP FESTIVALに参加。
 同年、東京インターナショナルタップフェスティバル(東京)に出演。
 同年、関西タップフェスティバル(大阪)に関西たっぷぅアンサンブル振付を担当。